スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2017.12.30 Saturday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    HARCO BAND presents -CHRISTMAS STARSHIP 2017- ライブ・レポート

    0
       泣いても笑っても、これがHARCO名義ラストライブ。春の改名発表から早いもので、ついにこの日を迎えることに。しばらくHARCOの曲は封印するので、そんな僕の曲たちとしばしの別れを告げる日。そしてHARCOバンドとしても、ラストライブの日...。

       12/24(日)、会場は吉祥寺 Star Pine's Cafe。恒例のクリスマスライブはこれで5年連続。タイトルは「HARCO BAND presents -CHRISTMAS STARSHIP 2017-」。

      (撮影:祖父江綾子/クリックで拡大できます)





       乗り物特集も、飛行機、電車、サブマリンと来て、最後は宇宙船(スターパインズ号!)。



       宇宙服のヘルメットをかぶって登場。さぁ、これからみんなで宇宙旅行へ。



       そんなわけでやはり、1曲目は「宇宙旅行」。ライブ前半は、今回の6人編成でしか表現できない、多彩なアレンジの曲を、新旧織り交ぜて。



       メンバー紹介します。まずは僕。



       ギター 石本大介。エレキギター、アコースティックギター、ガットギターを器用に持ち替えて。カラフルなエフェクター使い、もはや魔術師!



       ベース 伊藤健太。この日もエレキベース、ウッドベース、シンセベースのほか、多くの曲のコーラスも。アレンジでもアドバイスくれたり、細かく気を配ってくれる大事なメンバー。



       ドラム 榊原大祐。ダイちゃんのビートがなければ、最近の僕のサウンドは成り立たなかった。



       マリンバ&ピアノ シーナアキコ。さらにシンセやオルガンも。マリンバはもちろん、ジャズピアノはかなりの腕前。



       コーラス Adi Nada(アディナーダ)。今年の夏に7年ぶりに参加してもらって、今回も。独特の声やソウルフルな歌い回しが特徴。結構CMでも歌ってます。



       中盤の「口笛は春の雨」はAdi Nadaとのデュエット。さらにI don't likeもステップを踏みながら。素敵なクリスマスカラーの女性陣。
       


       僕の弾き語りコーナーは、11月のHARCO展から久々にやり始めた実験的なアプローチで。傍らにヘルメットがあると、まるで旅立ちの前の孤独な宇宙飛行士のよう。



       石本くんとの2人コーナーに続き、シーナさんも加わった3人コーナーの後、さらにイトケンも加わって4人編成で「シリーズ最終回」を。僕はドラム!



       ここで、HARCOの20年間と、もっと前のBLUE BOY時代から、約24年間ずっと共に仕事をしてくれたマネージャーの川口恵子さんに、24種類の花の花束を僕からサプライズで。

      (そして来年からの青木慶則としての活動では、川口さんとは離れて独立することになりました。しばらくはなんでもひとりで仕事をこなそうと思ってます。)





       そこからは定番曲を最後までノンストップで。まずは男性陣4人だけで「お引越し」「Night Hike」などを4曲ほど。さらに女性陣も加わり、「巻き戻す時間」では久々にマリンバの連弾を。本編ラストの締めくくりは「世界でいちばん頑張ってる君に」。







       熱いアンコールをいただき、まずはサンタ姿で、スタンダードナンバー「The Christmas Song」を。



       ここでまた僕からサプライズの花束。今度はHARCOバンドのみんなへ。石本くんはHARCO後半の約10年を、シーナさん、イトケンは5年くらい、ダイちゃんは3年くらい、そしAdiNadaも久々に今年一緒に、音を鳴らしてくれた。ほかにも今までいろんなミュージシャンに協力してもらった。あらためて感謝の気持ちを伝えたい。

       ところで、僕にとっては22カ所をまわった弾き語りツアーやこの前の横浜が「HARCO」としてのラストライブで、なんだかこの日は「HARCOバンド」のラストライブという気持ちの方が強かったな。



       鈴の音と共に登場した、「トナカイクラ」ことギタリスト皆倉くんにアコギを用意してもらって、「アパート」を。この曲もバンドではかなり久しぶり。





       最後は「愛されたいから」をハンドマイクで。最高潮に達したところで、なんと今度はメンバーからのサプライズ。本当に全然知らなかった!





       そして突然、なんとメダルの授与式が。20周年ロゴマークの入った金メダルと、とても素敵な、真っ赤な花束。MCでも話したけれど、なんだかこの先の活動に向けて、ググッと背中を押された気がした。同時にお客さんからも。









       客席へ乱入する僕。これ、そういえば10周年記念のライブでもやったなぁ。



       ダブルアンコールも!力を使い果たしてしまったのか最後は声が掠れてしまい、申し訳なかったです。なんとか「閉店時間」を歌い終えて、大団円。みんな、ありがとう!!



       この日はmilky pop.さんが作ってくれたカセットテープ型のクッキーをプレゼント。120曲くらいバリエーションがあるので、ほぼみんな違う曲は行き渡ったのでは。僕ももらったよー。



       そして恒例の僕からのクリスマスカード。全然クリスマス感ないけど(笑)。



       なんとその後の打ち上げでもサプライズの連続が。メンバー全員に銀メダル、そしてマネージャー川口さんに楯が。なんだかオリンピックの会見みたい。イトケンお母さんのお手製バッグももらっちゃった!





       今回の宇宙船のパネルやメダルをはじめ、ここ数年のツアーグッズやジャケットなど、さまざまなイラストやデザインを担当してくれたオグロエリさんと。



       最後に最高のバンドメンバーとの、リハーサルスタジオでの記念写真と、12/24のセットリストを。またこうして集まれたらいいなぁ! そしてラストライブを見届けてくれた皆さん、本当にありがとうございました!



      1. 宇宙旅行
      2. ワークショップ
      3. ロングウェイホーム
      4. 香港スタア
      5. 夜の海とアンクレット
      6. あらたな方角へ
      7. 口笛は春の雨
      8. I don't like
      9. 文房具の音
      10. バッティングセンター
      11. ペンを置いたって
      12. やさしくなれずに
      13. 星に耳を澄ませば
      14. シリーズ最終回
      15. 1分の1の地図
      16. お引越し
      17. Night Hike
      18. ゴマサバと夕顔と空心菜
      19. 巻き戻す時間
      20. winter sports rainbow
      21. 世界でいちばん頑張ってる君に
      ===アンコール===
      22. The Christmas Song(カバー)
      23. アパート
      24. 愛されたいから
      ===W アンコール===
      25. 閉店時間

      スポンサーサイト

      0
        • 2017.12.30 Saturday
        • -
        • 23:07
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク


        PR

        calendar

        S M T W T F S
         123456
        78910111213
        14151617181920
        21222324252627
        282930    
        << April 2019 >>

        selected entries

        categories

        archives

        links

        profile

        書いた記事数:440 最後に更新した日:2017/12/29

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM