NHKドラマ出演

0
     初のドラマ出演というニュースが広がるや否や、皆さんから驚きの声が。そんななかようやく放送日を向かえ、ホッと一息しているところ。

     番組のテーマは「お葬式」。放送日は13日の金曜日で仏滅。俳優デビューとしてはなんとも最高の日取り、ということにしよう。形式張ったものではなく、自分たちなりの家族葬を選んだ方のドキュメントである。スタジオでのトークと、再現ドラマが交互に繰り返される。そのドラマで僕は仁科亜希子さん演じる主人公の息子役。

    Mikkakan-syokutaku.jpg
     
     実際の団地の、5階部分の部屋を使っての撮影がもっとも多かった。上は食卓でお茶漬けを食べるシーン。下は病院からの搬送シーン。ちなみにエンディングのお棺を5階から下ろすシーンは、重いし暑いしでみんな汗だくになり、いちばん大変だった。

    Mikkakan-hansou.jpg

     モニターチェックをする近所の子供たち。

    Mikkakan-children.jpg

     仁科亜希子さんと。あまりにも美しく何度か見とれてしまった。いつも冗談まじりでダメだしをしてくれるので、その度に場が和む。監督の「カット」寸前に照明さんのお腹が鳴り、シーンとするなか僕だけ吹き出してしまったときは、仁科さんからふくれ顔でレッドカードをくらった。

    Mikkakan-Nishinasan.jpg

     妹役の田島ゆみかさんと。子役の頃からいろんな映画やドラマなどに出演済み。現場では一緒にいることが多かったのだが、撮影のどの段取りも、ほとんどすべて彼女の動きを参考にしていた。

    Mikkakan-yumika.jpg

     父役の本田博太郎さんには、僕の演技に「、、、変でいいね」と言ってくださった。褒めてるのかな。事前の本読みから書いていないことを喋ってまわりを笑わせたり、やはりベテランの方達は場を和ませるのが上手。演技も勿論。

     今回は初めての劇判、いわゆるドラマの劇中音楽にも挑戦させてもらった。悲哀を込めたフレーズがおもなテーマで、クラシックの曲をいろいろ参考にしたりして作曲した。何度も打ち合わせを重ね、レコーディングはNHKの大きなスタジオで。ヴァイオリンは「高島ちさこと12人のヴァイオリニスト」に参加している原田梢さんに弾いてもらった。ちなみにギターはいつもの石本大介くん。

    Mikkakan-violin.jpg

     まだ次は何も決まっていないのだけど、これっきりにならいように今後も役者のお仕事が何かできればと思っています。なにより採用してくれた監督の榎戸崇泰さんにあらためて感謝したいです。

     さぁそして、このブログではあまり紹介していませんでしたが、僕のニューアルバム「Lamp&Stool」の発売日が8/25に迫ってきました。なんとiTunesStoreでは8/11より全曲先行配信されています。
    • 2010.08.14 Saturday
    • TV
    • 16:23
    • -
    • -
    • -
    • by

    1

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    書いた記事数:440 最後に更新した日:2017/12/29

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM